婦人病にピクノジェール

ピクノジェノールは女性を中心にその効果が注目されています。

 

ピクノジェノールが女性に人気がある理由は、婦人病に対して効果的であることが分かってきたからです。婦人病に対してピクノジェノールがどんな効果を持っているのかを知っていきましょう。

 

更年期障害

 

更年期障害は閉経とともに女性ホルモンの分泌量が低下しホルモンバランスの崩れから血流の低下、コレステロールの増加、精神的な不安定さといった症状がみられるようになってきます。

 

ピクノジェノールには女性ホルモンの働きを整えて、更年期障害特有の症状を改善する効果が認められています。更年期障害の治療が遅れがちな日本では、ピクノジェノールの効果が期待されるのは当然の事なのです。

 

月経不順

 

無理なダイエットなどが原因で月経不順を訴えている女性が増えてきています。不妊症に発展することのある月経不順もピクノジェノールの成分が有効です。

 

ストレスで女性ホルモンが乱れがちな生活をしている人はピクノジェノールでホルモンバランスを整えることができます。

 

子宮内膜症

 

女性特有の病気といえば子宮の病気がありますが、子宮内膜症はその中でも現代女性がかかりやすい病気といわれています。

 

原因がはっきりと特定されていない病気ですが、ピクノジェノールが子宮内膜症の改善に役立つことは知られています。

 

治療となるとどうしても手術が必要になりがちな病気ですが、ピクノジェノールを服用することで未然に子宮内膜症を防ぐこともできるようになります。

肝臓がんになる前に!肝数値異常は早急な対策を

ガンになっている部分を確実に除去したいのであれば、やはり手術をすることになります。手術によって、肝臓の4分の3を摘出したとしても、あとで肝臓は再生されます。ですから肝数値GOTやGPTなどに異常がある場合はすぐに対策しましょう。参考:GOT GPT 下げる

 

ただし、ステージ2以上までがんが進行してしまっていると外科手術で治療をするということはありません。
また、肝臓がんというのは、他のがんと比べても再発をする可能性が高くなっています。

 

外科手術でガンになっている部分を切除したとしても、7割前後の人が3年から5年ほどで再発をしてしまっています。ただ、再発をしても外科手術をしますし、肝臓がんの再発防止のために、ビタミンKやレチノイド、インターフェロンなどを投与していきます。

 

この他にも、経力カテーテルを使って、血液を流れないようにしてがん細胞を死滅させるという治療法もあります。これを経力カテーテル毛脈塞栓法と言います。

 

また塞栓物質ではなく、動脈に抗がん剤を流してがん細胞を死滅するという動注療法といわれる治療法もあります。抗がん剤は、かなり強い副作用に悩まされるという印象を持っている人は多いのではないでしょうか?

 

ですが、動注療法の場合、ガンになっている部分だけに抗がん剤を注入することができるため、従来の方法よりも効果も期待でき、なおかつ副作用も軽減させることができるとされています。このように肝臓がんの治療法はいくつもありますし、体に負担をかけない治療をしていくことも可能になっているのです。

更新履歴